バイロイト音楽祭 ♪
179件中、1 - 20件を表示 | 最初 |前へ |1 2 3 4 5 6 7 8 9 |次へ |最後  |

バイロイト音楽祭1963年/カール・ベーム:第九

ワーグナーの作品のみを上演する目的で建設された“バイロイト祝祭劇場”。しかし、ベートーヴェンの第九だけは、開幕記念コンサートでワーグナー自身が指揮したこともあり“特別な作品”とみなされ、音楽祭の節目の年に時折演奏されます。ワーグナーの生誕150年、没後80年記念の年である1963年には、その前年からバイロイト音楽祭に登場した68歳のカール・ベームが「第九」を指揮。名実ともに“新しいバイロイト時代”の幕開けを告げる名演を残しました。終楽章での4人の素晴らしい独唱者と217人の合唱団が生み出す響きは、先のフルトヴェングラー盤を凌駕するほどの迫力を伴っています。 (C)RS

¥2,640

ヒトラーとバイロイト音楽祭

著者名:ブリギッテ・ハーマン 著,鶴見 真理 訳,吉田 真 監訳 内容説明:戦後、ヴィニフレートはバイロイト音楽祭総監督を引退するが、ヒトラーとの友情を否定しなかった女性として改めて注目されるようになる。価値観が激変した時代の人々の生き様を、膨大な資料をもとに浮き彫りにする歴史大作。【「TRC MARC」の商品解説】

¥4,180

ヒトラーとバイロイト音楽祭

著者名:ブリギッテ・ハーマン 著,鶴見 真理 訳,吉田 真 監訳 内容説明:ワーグナー家の家長として、4人の子の母として、そしてバイロイト音楽祭総監督として、激動の20世紀ドイツを生き抜いたヴィニフレート・ワーグナー。彼女の観点から、ヒトラー政権樹立など戦前の出来事を叙述する。【「TRC MARC」の商品解説】

¥4,180

ワーグナー 「さまよえるオランダ人」 1959年 バイロイト音楽祭

サヴァリッシュがバイロイト音楽祭に登場したのは1957年。57年と58年は「トリスタンとイゾルデ」のみを振ったが、1959年にはこれに加え、初めて「さまよえるオランダ人」を手掛け大好評を博した。現在では1961年のステレオ・ライヴ録音 (主演はグラインドル、シリヤ他)が広く知られているが、この1959年盤は何といっても、サヴァリッシュの意欲的な指揮が生み出すダイナミックな音楽が聴きもの。アグレッシブなテンポが全体に緊張感をもたらすだけでなく、歌手たちも熱気あふれる歌唱を披露、とりわけゼンタを歌うリザネクは"私のゼンタは世界で最もスリムである"という彼女自身の言葉通り、研ぎ澄まされた感覚で役に対峙している。オランダ人役はエレガントで魅力的な歌唱で定評のあったロンドン、1943年からバイロイトで歌っているベテラン、グラインドル、他、万全の布陣で臨んだ素晴らしい上演の記録。 [演奏] 指揮 ヴォルフガング・サヴァリッシュ、管弦楽 バイロイト祝祭管弦楽団、合唱 バイロイト祝祭合唱団

¥4,697

バイロイト音楽祭1963年/カール・ベーム 第九

ワーグナーの作品のみを上演する目的で建設された"バイロイト祝祭劇場"。しかし、ベートーヴェンの第九だけは、開幕記念コンサートでワーグナー自身が指揮したこともあり"特別な作品"とみなされ、音楽祭の節目の年に時折演奏される。戦争による中断を経て、1951年の開催コンサートではフルトヴェングラーが指揮、これは伝説的なコンサートとして現在も語り継がれている。フルトヴェングラーは1954年にも第九を演奏、これらは既にOrfeoレーベルからリリースされている。そしてワーグナーの生誕150年、没後80年記念の年である1963年には、その前年からバイロイト音楽祭に登場した68歳のカール・ベームが「第九」を指揮。名実ともに"新しいバイロイト時代"の幕開けを告げる名演を残した。終楽章での4人の素晴らしい独唱者と217人の合唱団が生み出す響きは、先のフルトヴェングラー盤を凌駕するほどの迫力を伴っている。

¥2,640

ヒトラーとバイロイト音楽祭 ヴィニフレート・ワーグナーの生涯 下 戦中・戦後編 1938?1980

戦争が始まっても、バイロイト音楽祭は続く。ヴィニフレートはユダヤ系の人々の救援活動によってナチ政権との緊張が高まり、ヒトラーと会えないまま敗戦を迎えた。戦後、ヴィニフレートは非ナチ化審査を経て引退するが、ヒトラーとの友情を否定しなかった女性として改めて注目されるようになる。価値観が激変した時代の人々の生き様を、膨大な資料をもとに浮き彫りにする、歴史大作。

¥4,180

[CDA]/【送料無料選択可】クラシックオムニバス/ワーグナー: 「さまよえるオランダ人」 1959年 バイロイト音楽祭

【ゆうメールのご利用条件】・商品同梱は2点まで・商品重量合計800g未満サヴァリッシュがバイロイト音楽祭に登場したのは1957年。57年と58年は「トリスタンとイゾルデ」のみを振ったが、1959年にはこれに加え、初めて「さまよえるオランダ人」を手掛け大好評を博した。現在では1961年のステレオ・ライヴ録音 (主演はグラインドル、シリヤ他)が広く知られているが、この1959年盤は何といっても、サヴァリッシュの意欲的な指揮が生み出すダイナミックな音楽が聴きもの。アグレッシブなテンポが全体に緊張感をもたらすだけでなく、歌手たちも熱気あふれる歌唱を披露、とりわけゼンタを歌うリザネクは"私のゼンタは世界で最もスリムである"という彼女自身の言葉通り、研ぎ澄まされた感覚で役に対峙している。オランダ人役はエレガントで魅力的な歌唱で定評のあったロンドン、1943年からバイロイトで歌っているベテラン、グラインドル、他、万全の布陣で臨んだ素晴らしい上演の記録。 [演奏] 指揮: ヴォルフガング・サヴァリッシュ、管弦楽: バイロイト祝祭管弦楽団、合唱: バイロイト祝祭合唱団

¥4,381

バイロイト音楽祭室内合奏団/シューベルト:P五重奏曲「ます

【CD】バイロイト音楽祭室内合奏団(バイロイトオンガクサイシツナイガツ)/発売日:2002/12/18/WPCS-22048//バイロイト音楽祭室内合奏団員/<収録内容>(1)ピアノ五重奏曲 イ長調 ≪ます≫ D.667 (作品114) 第1楽章: Allegro vivace(2)ピアノ五重奏曲 イ長調 ≪ます≫ D.667 (作品114) 第2楽章: Andante(3)ピアノ五重奏曲 イ長調 ≪ます≫ D.667 (作品114) 第3楽章: Scherzo (Presto)(4)ピアノ五重奏曲 イ長調 ≪ます≫ D.667 (作品114) 第4楽章: Tempo con variazioni (Andantino)(5)ピアノ五重奏曲 イ長調 ≪ます≫ D.667 (作品114) 第5楽章: Finale (Allegro giusto)

¥1,416

ワーグナー:≪さまよえるオランダ人≫ 1959年 バイロイト音楽祭

サヴァリッシュがバイロイト音楽祭に登場したのは1957年。57年と58年は《トリスタンとイゾルデ》のみを振りましたが、1959年にはこれに加え、初めて≪さまよえるオランダ人≫を手掛け大好評を博しました。現在では1961年のステレオ・ライヴ録音(主演はグラインドル、シリヤ他)が広く知られていますが、この1959年盤は何といっても、サヴァリッシュの意欲的な指揮が生み出すダイナミックな音楽が聴きもの。アグレッシブなテンポが全体に緊張感をもたらすだけでなく、歌手たちも熱気あふれる歌唱を披露、とりわけゼンタを歌うリザネクは“私のゼンタは世界で最もスリムである”という彼女自身の言葉通り、研ぎ澄まされた感覚で役に対峙しています。オランダ人役はエレガントで魅力的な歌唱で定評のあったロンドン、1943年からバイロイトで歌っているベテラン、グラインドル、他、万全の布陣で臨んだ素晴らしい上演の記録です。 (C)RS

¥4,697

ヒトラーとバイロイト音楽祭 ヴィニフレート・ワーグナーの生涯 上 戦前編 1897?1938

ワーグナー家の家長として、4人の子の母として、そして1930年から1944年までのバイロイト音楽祭総監督として、激動の20世紀ドイツを生き抜いた女性、ヴィニフレート・ワーグナー。本書は、この女性の観点から、第一次世界大戦と1923年のヒトラーの叛乱、それに続く、政権掌握、「レーム虐殺」、ドルフースの謀殺、スペイン内乱、迫害の夜、ズデーテン地方の危機、第二次世界大戦勃発直前の日常、大戦の様相、空爆、戦後の非ナチ化など様々な出来事を叙述。1897年から1980年にいたるヴィニフレートの生涯は、20世紀全体を映し出す。

¥4,180

中古ブルーレイ/ ワーグナー:《ニュルンベルクのマイスタージンガー》 バイロイト音楽祭2008 フォークト(クラウス・フローリアン) COXO-1049 COXO-1049

■タイトル:ワーグナー:《ニュルンベルクのマイスタージンガー》 バイロイト音楽祭2008 ■ヨミ:フォークト ■規格:COXO-1049 ■JAN:4988001739425 ■発売日:2013/1/23

¥4,382

中古ブルーレイ/フォークト(クラウス・フローリアン)/ワーグナー《ローエングリン》バイロイト音楽祭2011

■タイトル:BD)ワーグナー《ローエングリン》バイロイト音楽祭2011 ■ヨミ:フォークト ■規格:COXO-1048 ■JAN:4988001739418 ■発売日:2012/12/19

¥4,118

ヴォルフガング・サヴァリッシュ ワーグナー: 歌劇《さまよえるオランダ人》1959年8月5日バイロイト音楽祭ライヴ録音 CD

ご注文後のキャンセル・返品は承れません。発売日:2018/08/31/商品ID:4756934/ジャンル:CLASSICAL/フォーマット:CD/構成数:2/レーベル:Orfeo/アーティスト:ヴォルフガング・サヴァリッシュ、他/アーティストカナ:ヴォルフガング・サヴァリッシュ/タイトル:ワーグナー: 歌劇《さまよえるオランダ人》1959年8月5日バイロイト音楽祭ライヴ録音/タイトルカナ:ワーグナー カゲキ サマヨエルオランダジン

¥3,544

[本/雑誌]/ヒトラーとバイロイト音楽祭 ヴィニフレート・ワーグナーの生涯 下 / 原タイトル:Winifred Wa

※ゆうメール利用不可※/戦争が始まっても、バイロイト音楽祭は続く。ヴィニフレートはユダヤ系の人々の救援活動によってナチ政権との緊張が高まり、ヒトラーと会えないまま敗戦を迎えた。戦後、ヴィニフレートは非ナチ化審査を経て引退するが、ヒトラーとの友情を否定しなかった女性として改めて注目されるようになる。価値観が激変した時代の人々の生き様を、膨大な資料をもとに浮き彫りにする、歴史大作。

¥4,180

バイロイト音楽祭室内合奏団員/シューベルト:ピアノ五重奏曲≪ます≫ 【CD】

■種別:CD■発売日:2002/12/18■販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション■収録:Disc.1/01.ピアノ五重奏曲 イ長調 ≪ます≫ D.667 (作品114) 第1楽章: Allegro vivace(9:31)/02.ピアノ五重奏曲 イ長調 ≪ます≫ D.667 (作品114) 第2楽章: Andante(7:18)/03.ピアノ五重奏曲 イ長調 ≪ます≫ D.667 (作品114) 第3楽章: Scherzo (Presto)(4:22)/04.ピアノ五重奏曲 イ長調 ≪ます≫ D.667 (作品114) 第4楽章: Tempo con variazioni (Andantino)(8:01)/05.ピアノ五重奏曲 イ長調 ≪ます≫ D.667 (作品114) 第5楽章: Finale (Allegro giusto)(6:54)■説明:ドイツのレーベル、テルデック(テレフンケン)の創立75周年(2002年当時)を記念したテレフンケン・トレジャーズ・シリーズ第2回発売分。バイロイト音楽祭室内合奏団員、ピアニスト、ヘルムート・ロロフの演奏による1970年頃の録音盤。■カテゴリ_音楽ソフト_クラシック_室内楽曲■登録日:2012/10/24

¥1,299

ワーグナー《ローエングリン》バイロイト音楽祭2011

TSUTAYA オンラインショッピングなら1500円以上送料無料!Tポイントも使える!貯まる! Blu-ray

¥6,380

リヒャルト・ワーグナー 歌劇「さまよえるオランダ人」

バイロイト音楽祭2013。

¥5,525

ハンス・クナッパーツブッシュ/ワーグナー: 舞台神聖祝典劇「パルジファル」全曲 (1951年録音)<タワーレコード限定>[PROC-1661]

1951年バイロイトでの伝説的な"パルジファル"が復活!DECCAレーベルでは久々の復刻。第2次大戦後6年を経てようやく再開されたバイロイト音楽祭での記念碑的なライヴ・レコーディングによる、クナッパーツブッシュの「パルジファル」が復活。1951年のバイロイト音楽祭の開幕を飾ったフルトヴェングラー指揮によるベートーヴェン「第9」(EMIによるライヴ収録)の翌日、7月30日にプレミエを迎えたクナッパーツブッシュ指揮、ヴィーランド・ワーグナー演出による「パルジファル」の新演出上演は8月25日まで6回上演されました。プロデューサーのジョン・カルショウとエンジニアのケネス・ウィルキンソンを中心としたイギリス・デッカ・チームは、このうちの2回の公演(日程は不明)と総練習を収録、そこから最終的なマスターを編集し、翌1952年1月にLP6枚組で発売されたのが、「パルジファル」録音史上初の全曲録音となった当盤です。題名役のヴィントガッセンを始め、マルタ・メードル(クンドリ)、ジョージ・ロンドン(アンフォルタス)、ルートヴィヒ・ウェーバー(グルネマンツ)、ヘルマン・ウーデ(クリングゾール)など、戦後の「新バイロイト」を担うことになる当時としても最高のキャストが集められています(全6公演はシングル・キャスト)。合唱指揮には、同じくこの年バイロイトで指揮したカラヤンの推薦で、アーヘンからヴィルヘルム・ピッツが招聘され、これもまた戦後のバイロイトの象徴ともなった見事な合唱団を組織することになりました。なお録音には関係ないですが、ヴィーラント・ワーグナー演出による象徴主義的ともいえる舞台は、1966年のヴィーラントの死後も1973年まで20年以上にわたってほぼ毎年上演され、バイロイト音楽祭の名物となりました。クナッパーツブッシュはこの1951年以降、1953年を除き亡くなる前年の1964年まで毎年バイロイト音楽祭に登場し、戦後のバイロイトの支柱的存在となりました。特に「パルジファル」は、クラウスに譲った1953年、クリュイタンスと分担した1957年を除き、その指揮を一手に引き受けていました。クナッパーツブッシュによるバイロイトでの「パルジファル」は、1962年の上演がフィリップスによってステレオ収録され、歴史的名盤の呼び声が高いですが、当1951年盤は、1962年に比べてトータルで演奏時間が約22分も長く、ゆっくりとしたテンポでスケール雄大に聖杯を巡るドラマを描き上げています。(1/2)

¥3,143

<ニーベルングの指環> バイロイト音楽祭2008年CD・BOX/クリスティアン・ティーレマン(cond),バイロイト祝祭管弦楽団,バイロイト祝祭合唱団,

¥12,650

炎の遺産 リヒャルト・ワーグナーの孫娘の物語

ワーグナー音楽の熱烈な崇拝者であるヒトラーの指示のなかでバイロイト音楽祭はどのように運営されたのか。ワーグナーの孫娘フリーデリントが亡命するなかで語る激動期の音楽祭とその一族。

¥2,750

179件中、1 - 20件を表示 | 最初 |前へ |1 2 3 4 5 6 7 8 9 |次へ |最後  |